体操の世界選手権(モントリオール)に出場した男子の日本代表が10日、成田空港に帰国し、種目別床運動と跳馬で金メダル、初出場の個人総合で銅メダルを獲得した白井健三(日体大)は記者会見で「あれだけの緊...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)