重圧どころか、終盤は余裕すら感じさせた。ボクシング成年男子ライトフライ級決勝は、坪井(日大)が危なげない戦いで2連覇を達成した。大学入学から約3年半、国内では負けなし。連勝記録を伸ばしたが「もっと圧...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)