高校野球の第70回徳島県秋季大会は鳴門が2年ぶり14度目の優勝を果たして8日に幕を閉じた。シード4校のうち、3校が準決勝までに敗退したが、現時点での実力校が順当に上位に入り、鳴門のほか、生光学園、鳴...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)