さいたま市大宮区の武蔵一宮氷川神社で7日、明治天皇御親祭150年を祝し、横綱稀勢の里による手数入りの儀が行われた。  小雨が降る中、稀勢の里は拝殿のひさしの下で土俵入りを行い、集まった約600人の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)