国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技があり、ソフトテニス成年男子は広島が6年ぶり8度目の優勝を飾った。空手の少年男子形で大畠虎太郎(...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)