「国体で優勝したかった。うれしい」。陸上少年女子A100メートルを制した児玉芽生(雄城台高3年)は最高の笑顔で、今夏の全国高校総体に続く日本一を喜んだ。  高校2冠の懸かった大会。「決勝に進むために...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)