愛媛県を中心に開かれている第七十二回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」は大会七日目となる六日、注目の陸上競技が始まり、熱戦が続いた。  県勢は陸上成年男子の円盤投げで、湯上剛輝選手(ト...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)