【モントリオール共同】体操の世界選手権男子個人総合で銅メダルを獲得した白井健三(日体大)が6日、最も美しい演技をした選手に贈られる「エレガンス賞」に初めて選ばれた。  日本選手で男子は2007年に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)