防具を身に着けた状態で直接打ち合う硬式空手道の世界選手権(11月・ロシア)に、平塚市内の高校生ら3人が出場する。3人は3日に市役所を訪問し、落合克宏市長らに活躍を誓った。  3人は、いずれも市内に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)