サヨナラとなる相手走者がホームを踏むと、東北楽天の古川は唇をかみしめた。2-2で迎えた九回、2死二、三塁で代打井上に遊撃への適時内野安打を浴び、初完投ながら黒星を喫した。今季5度目の先発。最後のチャ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)