【モントリオール共同】体操の世界選手権第4日は5日、モントリオールで男子個人総合決勝が行われ、予選4位の白井健三(日体大)が合計86・431点で銅メダルを獲得し、同種目で2003年大会から続いてい...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)