救援陣の奮闘が目立った。先発投手の防御率が3・71だったのに対し、リリーフ投手は同2・77。終盤の安定感が武器となり、41度の逆転勝ちという快進撃を下支えした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)