大山で治山事業が始まって今年で100年になるのを記念し、大山小(鳥取県大山町佐摩)の4年生15人が3日、事業について学習し、10年後の自分に向けた手紙を鳥取森林管理署の竹井正治署長に手渡した。手紙は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)