追い込まれても気持ちで負けなかった。インコースのストレートに必死に食らいつき、はじき返す。魂の打球はセンター前に抜けていった。大木貴将内野手は一塁ベース上で右手を上げファンの声援に応えた。9月29日...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)