仙台の選手たちが険しい表情で主審に詰め寄った。後半15分、自陣で野津田が倒されて奪われたボールが浦和・興梠の2点目につながった。反則だと訴える約1分間の抗議は覆らない。「終わってしまったので、しょう...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)