清水は先に行われた残留を争うクラブの結果に関係なく、残り7試合へ掲げた戦い方を貫いた。後半終了間際、17位の大宮に攻め込まれたが、竹内は「声を出して冷静にマークの確認をしていた。足も動いていた」と無...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)