八戸工業大学は24日、青森県林政課と連携した体験型学習「もっと使おう県産材」を初めて実施した。土木建築工学科の3年生19人が参加し、チェーンソーアートを通じて、木の持つ香りやぬくもりを体感した。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)