重病を克服した熱血漢が未来を担うジュニア世代の育成を託され、約7年ぶりに古巣に戻る。バスケットボールでかつて日本代表アシスタントコーチ(AC)を務めるなど指導者として実績がある下地一明氏(40)が1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)