使わなくなった携帯電話でメダルを輝かそう―。倉敷市は10月から、2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製作に協力するため、原料となる不要な携帯電話の回収を始める。廃家電に含まれる金、銀、銅の有効...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)