陸上の男子短距離界が歴史的な一歩を踏み出した。100メートルで、9日に桐生祥秀(東洋大)が日本人初の「9秒台」となる9秒98をマークし、24日には山縣亮太(セイコーホールディングス、広島・修道高出)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)