金沢市磯部町の金沢プールで二十二日から開かれている飛び込みの日本選手権は最終日の二十四日、男子高飛び込み決勝が行われ、中秀太郎選手(小松市立高二年)が、本大会自己ベストの415・95点で準優勝した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)