九回に3番手でマウンドに上がった増井が、井口に劇的な同点2ランを許し、高梨の7勝目は消滅。しかし七回まで1失点で、試合の主導権を握った。  「真っすぐは悪くなかったけど、制球が良くなくて苦しんだ」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)