白鷹若鮎マラソン大会が23日、白鷹町の蚕桑小前を発着する日本陸上競技連盟公認コースで開かれ、県内外のランナーが稲穂が実る田園風景の中を駆け抜けた。  ハーフマラソンと2、3、5、10キロの各コース...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)