神院大は、2010年大会以降で2番目の好タイムを出したが、8位に終わった。「大阪芸大や関西外大はエース級が2人いる。うちは金太郎あめ」と大江監督。全日本切符を得た6位に2分近く離され、地力の差を思い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)