2019年の茨城国体を見据え、アスリートの歯を診断やマウスガード制作を通して守ろうと、県歯科医師会(森永和男会長)が本県独自の「スポーツデンティスト」(SD)の育成に乗り出す。競技中の接触に伴う歯や...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)