国内最高峰の日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボードツアー第6戦の本戦が22日、南種子町の竹崎海岸で始まった。種子島では初めてのプロ大会。全国からトップサーファーが集まり、華麗なテクニックを...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)