今年6月末、五戸町役場に1通の手紙が届いた。「使われていないサッカー用具をウガンダの子どもたちのために寄付してほしい」。送り主は当時、アフリカ東部のウガンダ共和国でボランティアをしていた同町出身の小...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)