北海道南部の乙部町で9月20日に発生した突風について、函館地方気象台は21日、現地調査を行い、突風は竜巻だったと発表した。突風の強さは、風速や被害状況を基に6段階で示す「日本版改良藤田スケール」で最...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)