悪夢でしかない。八回2死一、三塁、逆転3ランを打った吉田正が本塁を踏んだ後も、東北楽天の先発岸はマウンドにしゃがみ込んだままだった。最初に岸に話し掛け、立ち上がらせたのは他の選手ではなく、ボールを渡...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)