米カリフォルニア州で7月末にあった少林寺拳法世界大会の女子単演級拳士の部で、東北学院大3年の成田祐佳選手(21)が優勝を飾った。大学入学後に競技を始めてから約2年半でつかんだ栄冠に「世界で通用する演...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)