敗因を挙げればきりがない。15与四死球での八回コールド負けを、横浜・平田徹監督(34)は「投手陣がここまで崩壊するとは」と振り返り、「完敗」「力負け」、そして「私の指導力のなさ」とまとめた。  期待...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)