秋季青森県高校野球選手権は第3日の19日、はるか夢(弘前市)と県営(青森市)の2球場で準々決勝4試合を行った。八戸高専はエースの関が投げては完封、打っては2点本塁打と活躍し、三沢商を破って春夏秋を通...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)