来月、生誕150年を迎える俳人正岡子規(1867~1902年)の命日「糸瓜(へちま)忌」の19日、出身地の松山市で追悼行事が行われ、市民らが俳句や短歌の革新など、多彩な業績を残した子規をしのんだ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)