赤ちゃんの健やかな成長を願う「泣き相撲大会」が9月17日、札幌市西区の西野神社で開かれた。生後半年ごろから2歳までの100人が、境内に元気な泣き声を響かせた。「泣く子は育つ」のことわざにちなんだ行事...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)