「逆転の楽天」が戻ってきた。最終盤、東北楽天打線が前半戦をほうふつとさせる粘りを発揮し、3点差をひっくり返した。最後は選手会長銀次の死球で押し出しというオチまで付き、「漫画のよう。まさかという感じ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)