大関豪栄道は平幕碧山を突き落として勝ち越しを決め、6度目のかど番を脱した。1敗で並んでいた平幕の阿武咲と大翔丸が敗れたため、単独首位に立った。  一人横綱の日馬富士は正代を寄り切り、4連勝で6勝目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)