使用済みのスマートフォンなどから取り出した金属で2020年東京五輪・パラリンピックのメダルを造る企画のPRのため、山口市出身でリオデジャネイロ五輪柔道男子金メダリストの大野将平選手(25)が、山口県...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)