綱渡りを発展させたスポーツ「スラックライン」のワールドカップ(W杯)が17日、上高井郡小布施町の小布施総合公園で2日間の日程で開幕した。初日は台風の影響で一時、雨も降った中、選手たちは幅5センチの「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)