日本ハムは延長戦の末に敗れて78敗目を喫し、敗戦数が北海道移転後ワーストの13年に並んだ。打線は一回に適時打と犠飛で2点を先制したが、二回以降はわずか1安打と沈黙。2―2の十回、5番手の宮西がロメロ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)