寒河江市の秋の風物詩「寒河江まつり」を締めくくる「第35回神輿(みこし)の祭典」が17日夜、同市中心部で開かれ、約4千人の担ぎ手と詰め掛けた観客の熱気で、台風の影響を感じさせない盛り上がりを見せた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)