山形の秋の風物詩「日本一の芋煮会フェスティバル」が17日、山形市の馬見ケ崎川河川敷で開かれた。25年にわたり芋煮を提供してきた大鍋「2代目鍋太郎」の最後の晴れ舞台に県内外から多くの人が集まり、愛情と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)