障害者競泳の世界選手権(30日開幕・メキシコ市)に日本代表で出場する東海林大(ベル宮町)が14日、山形市役所を訪れ、「3種目で決勝に進出し、メダルを取れるように頑張りたい」と佐藤孝弘市長に抱負を語っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)