既視感のある負け方だ。東北楽天は好投の岸をまたも打線が援護できなかった。天敵菊池に7連敗。2位を争う相手に今回も直接対決で2連敗し、3.5ゲーム差まで引き離された。  銀次は「あれが全て」と、五回1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)