広島県は13日、2020年東京五輪でメキシコ選手団の26種目の事前合宿を受け入れる県内10市町の担当者との初の合同会議を県庁で開いた。各市町に対し、事前合宿に向けた推進組織の設置などの準備を急ぐよう...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)