結びの一番はまさかの幕切れだった。琴奨菊を懐に抱え込んだ日馬富士が、力を抜いて土俵を割る。そして右手を挙げた。自らの勝負に「物言い」をつけるように、周りを見た。しかし、行司も審判も反応しなかった。不...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)