「自分の方が1秒でも速くあってほしい」。スラローム・カヤックシングル2本目をノーペナルティーで終えた都田輝夏(愛媛)は、後続の3選手の結果が出るのを祈るように待ち続けた。結果は自身初の準優勝。「開催...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)