ノーヒットノーランを逃しても、土壇場で追いつかれても、心は折れなかった。「負けたら終わりだったんで」。最後の本大会出場切符を懸けた一戦で、三菱重工神戸・高砂の守安が12回を1失点完投。エースが我慢比...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)