清水が好リードで先発・加藤の好投を引き出した。その後も虎の子の1点を守りきり、快勝の陰の立役者となった。  一気に波に乗ったのが、両軍無得点で迎えた二回二死満塁で源田を迎えたピンチの場面。左打者に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)