日本相撲協会は10日、大相撲秋場所の休場力士の診断書を公表し、7月の名古屋場所で通算39度目の優勝を果たした東横綱白鵬(32)=宮城野部屋=は「左大腿四頭筋腱炎、左足関節ATF損傷で約3週間の投薬...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)