14試合ぶりの一発は値千金の一打となった。レアードにとって、3年連続となる30号ソロ。「達成できて誇りに思うし、大きな1本」と充実感に浸った。  四回、打席に入る前から多和田の投球をじっと見つめて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)